実 家

銅版画作家、島田北斗インタビュー

銅版画作家島田北斗作品
2016年 島田北斗 「実家」

今年の夏、銅版画作家の島田北斗さんにインタビューしました。

目まぐるしく変わるコロナ禍の日常で、この記事をアップするタイミングを逃していましたが、
年末年始、今年は例年とは違う実家との関り方をしている方も多いんだろうな、と思い、
この時期、島田北斗さんの「実家」という作品が頭に浮かびました。

島田北斗「サントリー角」 ¥7,000-

島田さんの作品はタバコや酒瓶、など、昭和の頃からある既存のデザインをそのままに作品にしています。

画面の端にそういった既製品が置かれている絵は多いと思うのですが、島田さんの作品はそれ自体が主役となっています。

この「実家」という作品も、家そのままを描いているのですが、それがそのままという訳でもなく、突き放されたものでもなく、どこまでもそのモノに寄り添っている感じがします。

島田さんにその辺りをインタビューしようと思っていたのですが、

お話しは島田さんのお父さんの事がメインに。

島田北斗「わかば」 ¥5,000-

画家であったお父様の島田澄也さんとの関係が島田北斗さんにとっては数年前までの作家活動の全てだったとの事です。

お父様の島田澄也さんは恐ろしくパワフルな方で、島田さんが美大に入るちょっと前までCMの造形美術や博物館模型の制作の会社を経営、60代前半までは経営者として辣腕をふるっていました。

ところが62歳ごろ、取引先の大事な資料を電車の網棚に忘れるというミスを社員の一人が犯し、責任を取る形で会社を退きます。

会社を退いてしばらく家でぼーっとしていたそうですが、若いころは油彩画を描いていた島田澄也さんは、退職して2~3年後から再び筆を執ります。

更に4WDの車を購入したことで、本来のパワフルな個性を取り戻します。

そんな父親の変化が息子である島田北斗さんの人生に大きく絡んできます。

島田澄也さんは車に布団と油彩画の道具を積んで、絵を描く旅に出始めたのです。

2人いる息子のうち、次男の北斗さんを連れて。

ここまで聞いて、「4WD」というのが島田澄也・北斗さん親子が醸し出すノスタルジックなムードとどうにも違和感があったのですが、

それは島田澄也さんが描いたいたものが戦争の記憶画だったからかもしれません。

私が見てきた戦争画は戦時中に国の命令で描かれた戦争画でしたが、島田澄也さんは反戦の思いを込めて、戦争の記憶を平成の時代に絵画に残しています。

第二次世界大戦と4WDと20代の息子。放浪の旅。

北斗さんのお話を聞いて、何やら映画を観ているような気持ちになりました。

旅をして絵を描くのですが、行く先々でトラブルを起こします。

というのも、人の家、しかもボロボロな家を許可もなく描くので、その住人から文句を言われたそうです。砂浜の防風林の間に建っていた廃屋ともいえる家を描いていた時も、そこの住人が執拗に絵を描くのを止めろ、と言ってきて、頭にきたお父様はパレットナイフで絵を潰してしまったそうですが、それに驚いた住人がいなくなったら、また描き始めたそうです。

そして、一緒にいる息子には「お前はここを描け」と、描く場所を指定。ご本人は「嫌だった」と、言っています。

と、こんな生活が北斗さん30歳になるまで続いたそうです。
特に仕事をしなくても暮らせるほど裕福だったため、父親について旅する時間が長かったそうです。

北斗さんに、ある先輩作家が言ったそうです。
「あなたはお父さんのために作品を作っているでしょう」と。
それが「本当にその通りだった」と北斗さんは言っています。

そんなお父様が4年前に亡くなります。

そこで「呪いが解けた」そうです。

お父様の死をきっかけに、島田北斗さんの作品は今の様な形になったそうです。

私は2016年以前の作品を知らないので、どう変化したのかはわからないのですが
画面に定着したちょっと懐かしいアイテムたちの、ここにしかいられない感じが好きです。

Follow me!