ART55-町田で55人のアーティストを紹介するプロジェクト-vol.3

海川花菜個展


「トンネルで、砂浜で、遠く向こうに雪を見る。」

2023年10月7、8、9日 

海川さんはマチノワギャラリースペースの雨戸を閉め(ディレクターの山本さんによると開館以来初めて閉めたそうです。)マチノワの什器を組み立てて、ご自身の作品に取り込みました。

展示は海川さんのいくつかの記憶が重ね合わせられ、それに被せる様に今も同じ様に存在しているであろう風景が宙ぶらりんに再現され、多用されている鏡には今、その場にいる自分が映し出されるという複雑な空間がありました。

少しだけ空けた雨戸や、出入り口側からの自然光で、展示空間は時間によって表情を変え、海川さんが意図した光、作り出したプロジェクターの光、恐らく意図していない光が交錯して益々自分の立っている場所が、砂に足をすくわれる様な感覚を覚えました。

(ART55 世羅田)

海川花菜作品全景

コラボ企画

海川さんのZINを販売しました。

コラボ企画①
アートとジャズギター

コラボ企画②

BEACON Machida × Sagamihara
〜デザイナーたちのアタマのなか〜


海川さんの作品に囲まれて、トークセッション

海川花菜略歴

北海道旭川市出身
多摩美術大学美術学部絵画科油画専攻 2023年卒
私の中では特別な、でも凡庸な、どこにでもありそうな風景を元に、映像を含むインスタレーション作品を主に制作しています。
自分が生活の中で感じた個人的なことが普遍的になって、それがまた誰かの個人的なところに触れるような、そういうものが作れたらいいなと思っています。

Follow me!

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。